心配する男性

人に大きな害を与えるものは数多くあります。
地震や台風、竜巻、火山の噴火など、その種類は国や地域によってことなります。
これら自然災害は人間が抗えないものであることは事実です。
いくら予想しても、いくら対策を講じても、それらをはるかに超える規模で、人類に猛威を振るうこともあります。
そんな中、自然災害とは違った形で人類に恐怖を与えるものがあります。
それは感染症です。

身近な感染症としてはインフルエンザウイルスなどがあります。
また、クラミジアや淋病、コンジローマのような性感染症などもあります。
さらに、近年猛威を振るったものとしてエボラ出血熱があります。
インフルエンザウイルスのような空気感染をするものは、流行時期に人込みに行かない、うがい手洗いを徹底する、マスクを装着する、予防接種を受けるなどで感染を予防することができます。
また、感染したとしても、抗生物質を投与するなどして、治療を行うことができます。

エボラ出血熱の場合、インフルエンザと違い、有効なワクチンも治療法もなく、さらに適切な患者との接触の仕方が浸透していなかったために、家族や医療従事者、埋葬業者などを中心に感染が拡大してしまいました。
その後、患者の隔離などが行われ、被害の広がりを遅くすることができました。
性病などの場合は、不特定多数の人と性的関係を持たないことや、避妊具を装着するなどで予防することができ、さらに、感染が疑われる場合は速やかに医師のもとへ行き、適切な治療を受け、完治させることが重要となります。
このように感染症は恐ろしいものですが、様々な形で予防できます。
まずは適切な予防をし、感染が疑われる場合はすぐに医師の診察を受け、完治するまで治療を受けることが重要になります。

■性感染症だったと知ったらすべきこと
もし自分が性感染症に陥っていたとこのサイトを見て認識できたなら早急に治療を開始しましょう。
クラミジアや淋病の場合はジスロマックという医薬品が効果的です。
コンジローマのようなウイルス性の性感染症ならベセルナクリームという医薬品が効果的です。
ジスロマックやベセルナクリームを通販で買う方法があるので試してみると良いでしょう。
感染症は直すことができるものがほとんどなので、早めの対処を怠らないようにしましょう。

記事一覧
国立感染症研究所とは

国立感染症研究所は、厚生省(現厚生労働省)によって1947年(昭和22年)に設立された附属試験研究機関で、もと […]

2019年08月09日